母乳を増やすお茶比較してみたよ

母乳育児。はじめはうまくいかなくてあたりまえ?!

母乳育児がうまくいかない?

母乳育児の好循環は赤ちゃんがママのおっぱいを吸い
おっぱいが出るようになれば赤ちゃんがぐっすり眠り
体重も増えていく。

トレーニング

だけど初めからそううまくはいかないものです。
初産なら、なおさら赤ちゃんをだっこして
おっぱいをくわえさせるだけでも一苦労だったりします。

 

体は小さく首もすわったいない赤ちゃんの
首を支えながら口をおっぱいに持って行く。
そんな小さな事でもコツがいります。

 

練習が必要?

 

それにくわえ赤ちゃんだっておっぱいを上手に
吸えるようになるには練習が必要な事もあるでしょう。

乳房図1

おっぱいにあまり興味を示さない子、
吸う気はあるけどうまく吸えない子もいます。

 

そう、生まれたときから個性があるんですね。

 

おっぱいを吸うには口を大きくあけて
舌で乳頭、乳輪を巻き込みます。

 

口を大きく開くのが苦手な子、
舌を上手に使えない子もいるでしょう。

 

ママのおっぱいだって人それぞれ。
最初からスムーズに出るママ、
なかなか出るようにならないママ
出過ぎてしまうママもいるでしょう。

 

赤ちゃんとの連携がうまくいってこそ軌道にのってきます。

 

それまでには、初産、経産婦関係なく3ヶ月くらいはかかって
あたりまえなんです。

行き詰まってしまったら。。。

 

まじめで母乳育児をしたいと思っているママほど
あせって思い悩んでしまうことになったりしますよね。

 

それがストレスに成り悪循環を生むこともあるでしょう。

診察

悩んでしまったらプロの指導者に相談するのがおすすめです。

 

乳頭の様子、赤ちゃんの様子など実際に見てもらい
相談にのってくれる施設を探しましょう。

 

ただ、指導者も色々ですから、指導者も選んでからにして下さいね。
あなたをさらに追い詰める指導者もいるかもしれません。

 

指導者にも個性があるのです。

 

なるだけおおらかな指導者をネットなどで探してみることをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 母乳と食べ物 母なるおめぐみ たんぽぽ茶 ミルクアップ 母乳で痩せる? 母乳を出す 母乳育児はじめ 母乳不足? 乳腺炎予防